ぬるめのお湯で

ぬるめのお湯で

こんにちは、スタッフ杉山です。

身体を温めるのにもっとも手軽なのがお風呂です。
お湯の温熱効果で皮膚表面の血管が開き、血液循環が改善します。
温められた血液が全身を巡り、ポカポカになります。
お湯の温度は40度より低いぬるめで入っていただくと、
副交感神経が優位になります。
40度より熱いお湯になると交感神経の活動が活発になります。
副交感神経が優位になると血管が開きやすくなり、筋肉の緊張もほぐれます。
立っているだけでも重力がかかり負担になっている筋肉ですが、
浴槽内では浮力が働きますので、筋肉の緊張がほぐれやすいです。